忍者ブログ

andqiangmr

一人の生活

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

一人の生活

时を見ながら歩いて道端に、私は思わずネオンの涙を流した。
のためではなく、何が起こったのか、も知らないのは何のための悲しさに、一種の「思わずのような感じだった。
のような多感説明するのではなくても、説明できずにいる。
わかっている人の自然に分かって、知らないような人にも分からない。
いつかは魂の通じる人、だって…いつかのように、寂しそうな人だと発表した。
夜の静かなものではないんだ、ネオンの中で一人一人の繁華街に属しているわけではないからだ。
退屈な人のようにつまらなくて、寂しい人のように寂しい…
ええ、一人が経ったから、私はもう惯れました…
一人の生活に惯れて、
一人で歩くのに
一人で歌、
一人で食事をして、
一人で寝ていて、
一人(ひとり)で、すべての楽しいそれとも気まずい…
散らせば阿桑さんの葉にあった。
「私は一人でご饭を食べて、旅行に行ってみると、「断続」も、一人で、本を読んで、手纸を书いて、自分で対話をして、ただ心が漂ってどこで見ても分からない。」
こうして重複昼夜、通勤に退社し、歩いて同じ道をさまよっている
ネオン消しても见せて、何度も何度も感じがします。
生活は続ける。が残したが何なのか、最終目標は一体何なのか。
私は知らない、本当にわかんない……
とはいえ、で、やはり自分の道はどこにいるかわかったものではない。
すると今まで、などが含まれている。ずっと無邪気なだけに、今は素直な錯覚だ。
ほほほ、それは双子座の性格じゃないの。どうして素直な仆もみたいな…
世界はあいかわらず、かつての美しいのは、すでに迷走しました!
でも私はいくつかの人はそんなに马鹿马鹿ことができて、私が今持っているもの、少なすぎますが少なすぎて、
しかし私はちゃんと私が今持っているすべて、
私が知っているなら、しなければならないとすれば、大切にして
そんなに運命と時間を绝対シルバーを奪って心が弱くて私がいましかなかったこのポツン…
それでは私さえをほんの少しもなかった…
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

P R